kansou

Fight Song

広告

齋藤飛鳥「私だったら会話が面白くない人とは一言も話したくないから」に殺られた

f:id:ikdhkr:20190313163154p:plain

 

芸能人が海外を旅して自分の価値観を語る『アナザースカイ』というテレビ番組を見ていたら、乃木坂46の「顔面サイズ豆つぶ」こと齋藤飛鳥が出ていて、

「メンバーがいる控え室で、本当は会話に入りたいけど入れないから手持ち無沙汰になってなんとなく本を開くときがあります…

相手方が、こう私と接することによって“無駄な時間を過ごしたな”って一瞬でも感じちゃったら、それはもう申し訳ないから…

私だったら会話が面白くない人とは一言も話したくないから…」

という言葉に心臓をブチ抜かれた。

知る限り『齋藤飛鳥』は普段から「キャピキャピ〜〜〜♡みんな〜〜〜!わたしだけを見て〜〜〜♡」のようないわゆる「テンプレアイドル」の立ち振る舞いを苦手とする、乃木坂46というトップグループに所属しながらにしてどちらかといえばミスiDに出ていてもおかしくないほどの独特な感性を持つ女の子で、元々そこまで他のメンバーと積極的に絡むタイプじゃない(同じような感性を持っていた橋本奈々未の卒業後は特に)というのは色んな番組やライブを見て薄々思っていたが、この言葉を聞いてまるで自分のことのように胸が痛くなった。

そして同時に、これだけ「人の目」「周りの顔」が気になるようなおよそ「アイドル向きじゃない」彼女が一番他人に評価される「芸能人」「アイドル」という仕事に就き、人と関わることが不得意でも苦手でも、自分の今やってる仕事が好きだから、アイドルって職業が好きだから、歯を食いしばって「他人に評価されること」「他人の目にさらされること」「他人と関わること」を逃げずにやってる齋藤飛鳥という人間を改めて尊敬した。

 

番組後半で齋藤飛鳥は、

「(乃木坂46の)周りの子がすごく優れている子が多いから…なんで自分にはできないんだろうなぁっていう気持ちをずっと感じてたから、負の感情をバネにして頑張っていたみたいな時期は確かにあったと思います」

「周りのメンバーとのキャラクターのバランスがこっちじゃないな…とか、こっちは自分に会ってないなって模索は色々しました」

と話していた。「他人の目が気になる」「他人がどう思うかを考えてしまう」、いわゆる「人見知り」「コミュ障」というのはある意味、目の前や周りにいる人達が自分と接することで嫌な気持ちになったりしないか気になるからこそ言葉が出なかったり、話しかけられなかったりする。

だが、それは逆を返せば「相手の気持ちを誰よりも知ろうとしている人」なのではないだろうか。誰よりも冷静に周りを見て、相手が望む自分に全力で応えようとしているからこそ、齋藤飛鳥はいま日本を代表するアイドルになっているのだと思った。そう、人見知りとは「雲」だ。誰よりも他人を気にするからこそ他人の望む自分になることができる…。

自分自身、周りからどう思われるかを恐れて自分の意見を言えなかったり、そのせいで一歩踏み出せず周囲と距離を置いてしまう、という経験は多々ある。

 

「自分は周りから笑われているんじゃないか」

「自分なんかといて本当はみんな恥ずかしいと思っているんじゃないか」

 

そう思わない日はない。なんなら今日もだ。外に出ると、なぜか周りが自分のことを見てニヤニヤしている…。「あちゃ〜〜〜…アイタタタタwww」みたいな顔をしている…。そう思っていた。だが、齋藤飛鳥は、アナザースカイは教えてくれた。それは勘違いだと。まやかしだと。実は自分のことを笑っていたのは他の誰でもない、そう…紛れもない「自分自身」だったんだと。

そして今日、外から帰って自宅でこの文章を書いている。齋藤飛鳥からもらったこの気持ちを胸に明日からの自分を変えていきたい……。

 

…。

 

 

ふと、下見た。

 

 

f:id:ikdhkr:20190313193847j:image

 

は…………??チャッ……は………?えっ?なにこれ?ど、どうなってんのこれ???えっ、えっ?いっ、、、いつかっ……ら……??あ……??は……??

 

あしゅ…………俺も連れて行ってくれ…アナザースカイに…。