kansou

Fight Song

広告

髭男の新曲『Pretender』、最強


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

 

新進気鋭、天下無敵の超新星4人組バンド・Official髭男dismの新曲『Pretender』、最強。

映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌で、パッと聴き「好きな女への想いを断ち切って別れを告げる男」を主人公にしたいわゆる王道の失恋ソングなわけですが、最強なのがそのタイトル。『Pretender』、その意味が、

 

Pretender(偽り、ふりをする人、詐欺師、ペテン師)

 

…全ッッッ然断ち切れてねぇじゃねぇかオメーー…っていう。未練タラちゃんかよ。

それもこれもロマンスの運命なら悪くないよな

ぜ〜〜〜んぶPretender。嘘、ペテン。なにが「悪くないよな」だよ。ちょっと達観したフリして効いてませんアピールしてんじゃないよ…。足ブルブル震えてるくせに…。

結局、道のド真ん中を真っ直ぐ走ってたつもりが実はベロベロに蛇行してて、爽やかに夜空の下で歌い上げてるつもりが実は地獄の煮え湯の釜ん中で叫んでるんだよこいつは…。助けてください。

曲の歌詞のワードチョイス、韻の踏み方もそう、

「ラブストーリー」「予想通り」「アイムソーリー」「いつもどおり」「恋愛の論理」

「君との人生柄」「飛行機の窓から」

「僕じゃない」「否めない」「離れがたい」「エンドライン」「君は何?」「疼き出す未来」

「痛いや」「いやでも」「甘いな」「いやいや」「Cry」 …

鬼の韻踏みの連打。韻のラダートレーニング。こんな綺麗なメロに乗せてKREVAも裸足で逃げ出すほどの韻アンド韻。歌詞は寂しくて切なくて苦しいのに口に出すと気持ち良すぎてヨダレ出てくるっていう耳と脳みそへの騙し。

でもこれだってそう。俺から言わせりゃただの強がりなんだよ…。想いを伝えることができないから、ストレートに気持ち言えないから、ちょけたダジャレ言ってピエロ演じてるだけなんだよ…。言うに事欠いて「君は綺麗だ」だと……?ううう…これ以上俺を泣かせんじゃねぇよ…。こんどガールズバー行くべ……。

っていう曲の持つ切なさ弱さ虚しさが、Pretenderの意味を知った瞬間に6億倍になるの…タイトルの伏線回収の上手さがあだち充……。

 

しかもこの曲、ドラマ版の主題歌の『ノーダウト』と合わせて聴くと、凄さがさらに2兆倍されて脳爆発します。『ノーダウト』が嘘や偽りをテーマにした歌詞にもかかわらずタイトルがNo Doubt…疑わない、信じる、つまり「真実」。前述したとおり『Pretender』は「嘘」「偽り」……。そう、どっちもタイトルとか真逆のことを歌ってる………。「真実と嘘」「表と裏」……。

さらにだ、ノーダウトの歌詞を読み直してみていただきたい。この歌詞に出てくる主人公の一人称はなんだ?そう……「私」。難解な言葉選びに紛れてわかりにくいが、実は女目線……そして『Pretender』……これは前述の通り、これは口では強がってても未練タラタラの男の曲……。 

そして曲に対する本人のコメント……

「夢の中で『あっ、これは夢だ。』と気付く事ってありませんか?自分を騙し切って、夢の主人公を続けたいのに、夢だってまだ気付きたくないのに、叶わない。そんな寂しさと、儚さが、この映画に隠れているのを見つけた気がしました。そして生まれたのがこの『Pretender』でした」

音楽ナタリー Official髭男dism、長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP」で初の映画主題歌担当

 

「嘘と真実」

「表と裏」

「男と女」

「夢と現実」

…こっから先は…言わなくてもわかるな……?

 

この幾重にも張り巡らされた仕掛けの数々…映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にこれ以上ふさわしいバンド、ふさわしい曲はないんじゃないでしょうか。

ただ、映画…最後にこの曲でしっとり終わるってことあるか…?だってコンフィデンスマンJPですよ…?金のためなら、家族だろうが、友達だろうが、色恋だろうが、人の死だろうが、利用するだけ利用してしゃぶり尽くして高笑いする女が主人公の映画ですよ…?

エンドロールで『Pretender』流れてるんですけど、

 

「とても綺麗だぁ〜〜……………ぁっ……」

 

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

ジャァァン…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレ…

テロロレンテロンテロロテロロレン…

 

 

(へぇ〜〜…意外と綺麗に終わっ……)

 

バァァアアアアンッッッ!!

 

 

デロロロロロデッデーーーーーーーン!

 

スットコッテトコトテットトコトコォ…

 

ヒョワワヒョワワヒョオワヒョウワオウ

 

ワヒョワワヒョウワワヒョワワ

 

ヘェェエエエエエイイ…

 

(イェエエエエイイェエエエイウオオオ!)

 

(イェエエエエイイェエエエイウオオオ!)

 

「まるで魔法の〜〜〜

  

で、『ノーダウト』始まる真のエンディング、期待してもいいですか?