kansou

Fight Song

広告

松岡茉優の歌う『星屑コーリング』がかわいすぎて耳目が溶け散らかした

CMで松岡茉優がCharaプロデュースの『星屑コーリング』って曲歌ってて、かわいすぎて耳目が溶け散らかしました。

 


松岡茉優、Charaプロデュースで歌唱 MV『星屑コーリング』 が公開 「星屑コーリングproduced by Chara」&松岡茉優×Chara 対談動画

 

松岡茉優の凄さって『桐島、部活やめるってよ』沙奈からの『問題のあるレストラン』千佳からの『ちはやふる』の詩暢の別人感のように与えられる役によってまったくの別人に成り代わる「憑依能力」のとんでもなさだと思うんですが、今回は完全にChara降ろしてました。全編わたって蚊も引くほどの超絶ウィスパーボイスで歌ってるんですけど、松岡茉優の普段の喋り方と違いすぎてギャップで耳取れるかと思いました。ずっと聴いてると脳がバグる声。特に途中でセリフ入ってるんですけどサビ前とサビ終わりで、

 

「たしかめたいの…」

「わたしたちはおいしくなったの…」

 

ってフォトショかけてpng変換したら100%白とグレーの市松模様になる透明声で囁くんだよ……。普通に「ア゛ッッッッ…!」って声出た。文言のどうしようもない恥ずかしさと相まって全身の臓器がずっとかゆいです。

動画後半でCharaとの対談の様子も収められてるんですけど、恥ずかしそうに猫背ぎみで首ボリボリ掻いて目ぇキョドりながら喋ってるのに一発スイッチ入ったらもうただの妖精。表情の作り方から指先の動かし方まで、頭おかしくなるくらいかわいすぎてたぶん夜中見たら叫びながら町中走り回っちゃうと思う。

なにより恐ろしいのが、松岡茉優自身が女優で常に人に見られてきたっていうことに加えて、モー娘。のガチオタで「アイドル」っていうものをたぶん誰よりも見てきてるからなのか、どう動けば、どういう表情をすれば一番画面に映えるか、かわいく、キレイに見えるかっていう、「魅せ方」の上手さがネコのそれ。そういう本出せよもう。

「目の保養」とか言いますが本当にかわいいものとかキレイなもの見るとまったくの逆で、その眩しさに目が追いつかなくてどんどん視力落ちてくるんですね。もうほとんど目ぇ見えてないです。

 

そんな死にゆく眼-まなこ-で最後に見た景色…

小学生の頃に男子のグループと一緒にキズだらけになって遊んでたタイプのちょっと気の強い女子いて。それが松岡茉優なんですよ。まぁ今だけ茉優って呼ばせてもらいますが。

そんな茉優とは中学生、高校生になっても男友達と変わんないスタンスで接してて。全ッッ然異性として意識したこともなかった。そんなある日ひょんなことからクラスのみんなでカラオケ行くことになって。男女6人とかで。その中に茉優もいて、

「アンタ歌えんのー?昔っから歌ヘタだったよねー笑」

「う、うるせーよ。お前こそ歌なんて歌えねーだろ」

 

なんていつもの調子で軽口叩いてたら羽根みたいにフワフワしたイントロ流れてきて、

 

A子「次、だれ〜?」

茉優「あ、わたしだ」

俺「えっ…」

 

フォ〜〜〜ワ〜〜〜ァァン…フォ〜〜〜〜〜〜ワァァ〜〜〜〜〜ァァ〜〜〜〜〜ワ〜〜〜〜〜〜〜〜〜フォワァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…

 

Swallowtail Butterfly ~あいのうた~

 

その瞬間だった…。景色が、今まで見えてた景色がまるで違うものに見えたんだ。その日から僕の世界はキラキラと輝きに満ち溢れたんだ…。

 

 

よし、殺してくれ。