kansou

Fight Song

広告

目の前で自分のためだけに歌ってくれるOfficial髭男dismライブ『Traveler』ネタバレゼロ感想

プロのミュージシャンに目の前で自分のためだけに演奏してもらった経験がありますか?俺はあります。

 

11月17日、札幌文化芸術劇場hitaruにてOfficial髭男dismのライブに行ってきた。

開演前は正直そこまで気が乗ってなかった。ファンクラブ枠で最速でチケット取ったにもかかわらず指定された席は後方、2,000人以上入る大きな会場、決して近くない状況、複雑な感情…

なのに1曲目が鳴った瞬間にバーーーーン!と目の前の景色が開けて俺の目の前にOfficial髭男dismがいた。絶対いた。俺の、俺だけのために会場を貸し切って歌を届けてくれてる髭男が、たしかにいた。

 

「1階も2階も3階も4階も関係ない!一人ひとりにグッドミュージックを届けます!」

 

最初に言ってくれたこの言葉がすべて。「Official髭男dism対2,000人」じゃなくて確実にこの瞬間「Official髭男dism対俺」「Official髭男dism対お前」になってた。あの場にいた一人ひとりの中にOfficial髭男dismはいた。

 

まず、思い知らされるデカすぎる藤原聡の声。マイクの必要性が感じられない。「口からCD音源」どころかCD10枚分の声。大勢に向けて歌ってるはずなのに声が直接耳に届く。「あなたの心に直接呼びかけています…」をマジでやってくる。

意味がわからないのが、こっちは髭男の曲カラオケで入れようもんなら1番Aメロ一言目の時点で「あっダメだこれ」って自分のノドの赤ちゃんレベルに泣きそうになるのに、藤原聡の後半になろうが1ミリも衰えることのない鬼のノド。というか藤原聡自身がノドそのもの、ノドノドの実食ったノド人間だった。こわい。

 

そしてギャップ、曲中とMC中とのギャップに頭がおかしくなりそうだった。髭男の4人は正直めちゃくちゃ「普通」だと思う。たぶんそのへん歩いてても気づかない。それくらい4人全員「クラスに一人はいる雰囲気」出してる。そんな奴らがめちゃめちゃ普通~の話題を普通~にわちゃわちゃきゃいきゃい喋ってる。高校の休み時間かと思った。そしてどこからか聞こえる女子のヒソヒソ声…

 「さとっちゃんカワイイ…」「ならちゃんカッコイイ…」「大ちゃん尊い…」「ちゃんまつ抱いて…」

高校時代フラッシュバックしすぎて拳握りしめながら「俺こいつらとクラスメイトだったな。あんま話したことねぇけどチッ」って錯覚してた。

…のに1分後には心臓ブチ破るド爆音と鼓膜から溶けてく美声聴かせる最強ロックバンドに変身してる。握った拳振り上げてた。

一人はとんでもない声量で歌いながら千手観音みたいな指さばきで鍵盤かき鳴らしてるし、一人は超絶ギター弾き狂ってたかと思えば5分後にはデカイ太鼓ドンドコ叩いてるし、一人は腹にビシビシ来るベース鳴らしてたかと思えば次の曲で陽気にラッパ吹いてるし、一人は脳髄に響くドラム叩いてたかと思えば低音美コーラス響かせてる。全員働きすぎ。一人が何人分の仕事する気ですか、ちゃんとそれだけの給料もらってるのか心配です。

楽しい、楽しすぎる。でも楽しいだけじゃなくロック、ポップ、バラードその全てに「聴きどころ」があって技術の高さに息が止まりそうになる瞬間が何度もあった。音楽が、ライブが上手すぎる。メジャーデビュー2年目とか絶対にサバ読んでる。今年結成20周年の間違いだろ。クラスメイトでもなんでもない、スターが、スーパースターがここにいた。でも喋りだすとまた「高校の休み時間」に戻ってる。スターなのにすごく距離が近い。

来年はアリーナツアー、たぶん再来年あたりにはドームパンパンに埋めてる。確実にそれを見据えたスケールの音楽、構成、演出のライブだった。でもどれだけバンドが大きくなってもこの「近さ」はずっと変わることはないんだろうなと思った。

  

近すぎて終盤、暗転中さぁこれからクライマックスの曲が始まるぞっていうタイミングでどこぞの誰ぞが、

 

「紅白出場、おめでとォォオオオ〜〜〜〜〜〜〜!!キャァァアアアアッッッッ!!」

「おめでとォ〜〜〜〜〜〜!!キャァアアアアアアアッッ!さとっちゃァァアァァ〜〜〜ん!ならちゃ〜〜ァァアァァん!!」

 

とか叫んでて「いやお前らいい加減にしろよタイミングおかしいだろうが絶対今じゃねぇだろうがコラそういうのは本人達が先に言ってそれからこっちが応えるもんだろうがそもそも必要以上にメンバーの名前呼ぶのすら俺は絶対に許」ってウダウダ思ってたら、照明がパァッ…って光って現れた藤原聡がピアノ弾きながら、

 

「紅白出場も嬉しいけどッッ!次の曲を札幌のみんなと一緒に歌えることのほうがッッ!俺は嬉しいッッッ!」

 

ギィイイイィィヤァァアァアアアアアアアッッッッッ!!!さッッッ、さとしィィイイイイイイーーーーーーー!!!!

 

カッコよすぎてめちゃめちゃ名前叫んじゃった…完全に「俺の聡」になってた…隣の人すみませんでした…