読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

ミスチルDVD『REFLECTION{Live&Film}』感想

Mr.Children

Amazonで購入した平浩二もといMr.Childrenの最新DVD『REFLECTION{Live&Film} 〜愛・佐世保〜』が先日届きましてようやく観終わったので感想書きます。ファン以外は楽しくないよ!

とりあえず、映画は映画館に観に行ってライブは札幌にある北海道きたえーるってとこに参加したんですけど、どっちも全ッ然覚えてなかった。もう半年以上前のこととはいえ、こんなにも覚えてないことに自分の記憶力はもしかして掟上今日子のそれなんじゃねえかと不安にもなりました。(掟上今日子観てなかったから想像で書いてる)

まずこのDVDは映画とライブ映像がセットになった非常にお得なDVDだということから話を始めますが、同じコンセプトの映像を2本収録するということは即ち内容が酷似しているということでもあるのです。

収録内容

『LIVE「Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』
172min. 全23曲
Disc1(88min.)
01. [Prologue]
02. [OPENING]
03. fantasy
04. ロックンロールは生きている
05. 旅人
06. fanfare
07. [MC]
08. Melody
09. FIGHT CLUB
10. 斜陽
11. I Can Make It
12. [MC]
13. 口笛
14. [MC]
15. HANABI
16. [MC]
17. 口がすべって

Disc2(84min.)
18. [SE]
19. 蜘蛛の糸
20. REM
21. WALTZ
22. 放たれる
23. [SE]
24. 進化論
25. 足音 ~Be Strong
26. 幻聴
27. [ENCORE]
28. Everything (It’ s you)
29. エソラ
30. Marshmallow day
31. [MC]
32. Starting Over
33. [ENDING]
34. 未完
35. [END ROLL]

『LIVE FILM「Mr.Children REFLECTION』
109min. 全16曲
01. [OPENING]
02. Everything (It’ s you)
03. 旅人
04. [MC]
05. 名もなき詩
06. [Monologue 1]
07. [MC]
08. Melody
09. [MC]
10. FIGHT CLUB
11. 斜陽
12. [MC]
13. 蜘蛛の糸
14. I Can Make It
15. 放たれる
16. [Monologue 2]
17. [MC]
18. 花 ‒Mémento-Mori-
19. [MC]
20. 進化論
21. 足音 ~Be Strong
22. 幻聴
23. [Monologue 3]
24. [ENCORE]
25. 口笛
26. [MC]
27. 未完
28. [Monologue 4]
29. 独り言

収録内容をコピペしましたがご覧の通り、8割被ってるんでぶっ続けに観るとそこそこキツいものがあるので3日くらい空けて別々に鑑賞することをお勧めしますが、多分映画から観たほうが楽しめるんじゃないかなーとは思います。映画の方はZeppのファンクラブツアーで死ぬほど倍率が高くて比較的チケットが取りやすいとされてる北海道でも1ミリも当選する気配がなかったのですが、こうやって観てみると羨ましい以外の何物でもない。

羨ましすぎて、曲合間の度に名前呼びがうるせえ奴ら全員の舌抜いてやろうかクソがと思ってしまうくらいには荒ぶりながら観ていました。

アルバムツアーとかでいっつも気になるのがそのアルバムの出来というよりはアルバム曲のくさびで演奏するような『過去曲』の存在で、正直アルバムの曲に関しては9割演奏することが決定してるんでまぁ過度な期待もしてないんですけど、その合間合間でやってくれる過去曲にファン各々が演奏してほしい曲を想像し、期待しながらライブに行くわけですが今回は個人的なことを言えばその面ではそんなにでした。

www.kansou-blog.jp

以前書いたこのエントリで書き殴った曲達を演奏してくれたら言うことなかったのですが全然演ってくれねえのな。映画の方は「花」の弾き語りとか「独り言」とかはめっちゃ嬉しかったんですけど、ひとつ不満を言うのであればファンクラブ投票でリクエストを募っててその1位の曲が「口笛」っていう曲だったんですよね。いや、まぁ口笛は良い曲で好きですけど、え、お前らマジでわざわざリクエストしてまで演奏してほしいの?っていうのはありますよね。もっとこういう機会でしか聴けない曲あるだろうに口笛かよ、割と演ってるし口笛っていうのはすごい思った。個人的に口笛の気に入らない所が一つあってとにかく「客に振る」んですよね。ぶっちゃけどのアーティストでも客に振るのが大嫌いで隣のオッサンの下手な歌聴きに来たんじゃねえんだ、ボーカルサボってんじゃねえって思いながらもなんだかんだ感動してしまう天邪鬼な俺ですけど、やっぱり全部本人に歌って欲しいっていうのはあるわけです。

で、その良く言えば「会場の一体感」悪く言えば「ボーカルの怠慢」が割と顕著なのが「innocent world」とこの「口笛」でヤバいときだと1番全部歌わせようとしますからね。北海道のきたえーるで演った時も「口笛」あったんですけど、急にカズトシが「手を上げた量で自分達が歌うか、客に歌わせるか決める」とかのたまっててさすがにその時は「はぁ?」ってまちゃまちゃばりの声張り上げちゃいました。その時は結局本人が歌ってくれたんですけど、もっとビビったのが「客が歌いたい」っていう意見が結構多くて近くにいた「歌いたいー!」とか声張り上げてた男の喉仏を突きたい気分でした。ここはシダックスじゃねえぞ呪われろ。

ちなみにDVDでは大合唱でした(白目)

そんな理由で別にライブで口笛を熱望はしないんですが口笛が1位だったということで「ふーん、口笛ー、まぁそっち行くかー」って生意気なこと思っちゃいました。だったら2位の「I'LL BE(I'll be)」演ってくれよ。でもそういう意味ではライブの方で「ロックンロールは生きている」と「HANABI」聴けたのは凄い良かった。「ロックンロールは生きている」はさっきリンク貼ったエントリでも書きましたけどもー泣けますよね。感動泣き(笑)じゃなくて格好良すぎて泣けるっていうかまず、1曲目の「Fantasy」が俺が知る中ではミスチルライブ史上一番格好良い1曲目だったんでそのながれでのロク生はマジでヤバい。初っ端のギター「ブワァーーン!」からもう身震いする。

あと「Everything (It’ s you)」もホントに良かった。ミスチルはピアノバラードも良いけどやっぱりロックバラードが最高だなと再認識しました。もうギターソロは一生弾いててほしかった。ここがパラレルワールドでギターソロ終わった瞬間またギターソロの頭からエンドレスで聴き続けられたらよかったのになーとか全く意味不明なことを考えてしまうくらいには感動しました。逆にそこで感動しすぎて次の「エソラ」にはあんまりノレなかった。

そんなこんなでなんだかんだ文句を垂れつつも楽しめたDVDだったのですが、こうやって当時の記憶を必死に辿りながら観るのもまた乙なもんだ。当時の一番の思い出は一緒に行った当時の彼女がライブ開演前に急に「会場が真っ暗になって、始まったと思ったら自分が失明しただけだったらどうする?」「爆発音がしてライブの演出かと思ったら、椅子一脚一脚に爆弾仕掛けられてたらどうする?」のイカれ発言二連発をしたことです。

まー、そんな感じで次のライブではぜひ超名曲「ぬくもり」を演ってくれることを期待している人並みであふれた街のショーウインドウに見とれた君を受け止めた僕でした。

「REFLECTION{ Live&Film}」Blu-ray

「REFLECTION{ Live&Film}」Blu-ray

 
「REFLECTION{ Live&Film}」DVD

「REFLECTION{ Live&Film}」DVD

 
関連記事