読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

Kindleで読んで面白かった漫画とつまらなかった漫画

漫画 / アニメ

最近読んで面白かった漫画とつまらなかった漫画の感想です。

 

バジリスク 〜甲賀忍法帖〜

伊賀甲賀の忍者のバトロワ。忍者というのは格好良いばかりではないんだなぁと再認識した。格好良い、可愛いだけじゃなくて不細工なキャラクターが多く、手足が伸びるジジイVS肉デブ、蛞蝓ジジイVS肉デブなんかは「誰が興味あるんだこれ」というのを全力でやっていて妙にリアリティがあって良かった。別記事にも書いたけど、強キャラ臭プンプンの奴が次の瞬間には無様に殺されてたりするので疲れる。最強の瞳術を持つ弦之介と朧の目をすぐ潰したのはちょっとよくわからなかった。伊賀の連中が前半の不戦協定が解かれたことへのアドバンテージをもう少し活かしきれていればもっと楽に戦えたんじゃないのと思う。

 

町田くんの世界

 

こういうほのぼの系の漫画はどちらかといえば大嫌いな部類だったんだけど、意外や意外読んでみたら気がついたら涙がこぼれていた。主人公の町田くんの優しさ、というよりも彼のように行動できない自分の不甲斐なさに涙したと言っても間違いじゃない。立派な武器なんてなくていい、ただ他人の心の機微を読み取り恥ずかしがらずに行動できる人間でありたかったと思う。とにかく、なにも起きない漫画なんだけど、なにも起きないでほしいと切に願う漫画。

 

ミラクルジャイアンツ童夢くん

 

アニメが異次元過ぎて話のネタとしてめちゃくちゃ面白かったので漫画も読んでみたけど、やっぱり画力の低い水島新司みたいだった。動いている人間が動いているよう見えず、魔球の迫力をまったく表現できていないのが読んでてかなりキツい。パワプロやってるから童夢くん作りたいけど、ドームの空調利用してボール浮かすとか、ブラックホール作りだして強制的にスイングさせるとか、足上げて振り下ろして真空状態にボールを乗せることで270キロの球速にさせるとかどうやって実現させたらいいか戸惑ってる。

 

波よ聞いてくれ

舞台は札幌だし絵の雰囲気も嫌いじゃないんだけど、読んでみたはいいけど嫌がらせなのかってくらい文字が多すぎてキツい。(しかも小さい)俺がアホなだけかもしれないけど情報を処理しきれない、脳が嫌がってる。ブログに見出しとか挿絵ついてたらゲンナリするあの感じ。漫画である必要あるのかこれ。多分小説とかだったら凄い面白いんだろうなーと思う。あと全体から「俺のワードセンスどう?」みたいなのが凄い滲み出てるのを感じちゃったからこれから読むのが躊躇われる。これもドラマにしてくれ。

 

僕のヒーローアカデミア

もうデクとかかっちゃんとか轟とか死柄木とかオールフォーとかいいからよ、もっと梅雨ちゃん出してくれよ。最近のジャンプの展開からするともう下手したらラスト辺りまで出てこない可能性あるぞこれ。でも下手したら登場するメインキャラ固まりそうなコレ系の漫画で切島とかにちゃんとスポット当てるのはもう最高です。

 

恋は雨上がりのように

作者が男だったらAVの企画の域を出ないし、女だとしても「どうしたいんだよ」っていうのがあるから手放しでは褒められない漫画。誰にどう感情移入するとか考えるだけ無駄で誰にも共感なんて出来る気がしないので、「あ〜まだやってら」となんか俯瞰で読むのがいいんじゃないかと思う。4巻でアキラがなんでオッサンを好きになったのか、そのルーツ的なとこが垣間見えるけど絞られすぎて粕も出ない雑巾みたいな展開でマジで「ズコー」ってなった。絶対エンケンさんでドラマ化するだろこれ。

 

健康で文化的な最低限度の生活

これよく漫画にしたなぁ。淡々とリアルを描いてるだけだからストーリー展開とかこの先どうなっていくのかっていうワクワク感が皆無で別に読んでて楽しいことなんかひとつもないんですけど、読まされてしまう力がある。取り締まり部分が厳しすぎてたまに入る束の間の休息的な日常パートにすら「ヘラヘラするんじゃねぇ」と思っちゃう。

 

タラレバ娘

5巻まで読んだけど、話をどう収束させたいのかまったく見えてこないのでこれからも読み続けるべきかどうか迷ってる。オレは男だし、どういうモチベーションで残念アラサーの物語と向き合っていけばいいかまったくわからん。 まぁターゲットは俺じゃないんだろうなーと思いながら読んでた。とりあえず全部「知るかよ」で片付く話だった。どっちかって言ったらドラマで観たい。

 

僕だけがいない街

これは失敗した。先に実写映画を観ちゃったもんだからどうしても主人公の声を脳内再生するたびに濁点が入ってしまう。映画はラストが結構最悪だったんでどうなるかと思ったけど、漫画のラストは物凄く綺麗な終わり方でなんで映画がこのラストじゃなかったのか脚本家馬鹿かよと思った。アニメは1話だけ観て北海道弁がやたらデフォルメされてて観てられなくてやめた。藤原竜也の記憶が俺の中から消えたらもう一度じっ゛ぐり゛よ゛み゛だい゛ ですね。

 

関連記事