kansou

Fight Song

広告

ウチのばあさんがあいみょんを見て「昔のわち」って言った

ばあさんの家でメシ食いながら『ベストヒット歌謡祭』を見てたら突然、ばあさんが画面に映ってたあいみょんを見て開口一番「昔のわち」って言い出して口からキムチ鍋吹き出した。

※ウチのばあさんは自分のことを「わち」と言う、かわいいババアです。

 

ばあさんはたまに突拍子もないことを言って家族を驚かす生まれながらのボケで、そのボケは今現在でも継続中、変わったのはツッコミ役がだんだんと介護役になってるくらいなもんだが、今回もまたとんでもねぇことを言い出してきた。よりにもよって「あいみょん」てあんた。またすげぇなんとも言えない絶妙なラインを出してきやがった。仮に「橋本環奈」とか言い出したらマジでどうしようかと思った。しかるべき施設を紹介するしかない。ウチの家系の顔の作りからあんなん生まれるわけねぇだろと。ずっと塩スープ継ぎ足し継ぎ足しだったのに、いきなり醤油スープにならねぇだろと。ただ「あいみょん」。すっげぇ絶妙なラインで、ありえる。とんでもなく絶妙な、鶏白湯顔。

 

「き、急にどした…ばあちゃん…」

「この今テレビで歌ってるあっ…あい…?あいみょ…?ナントカって娘が昔のわちそっくりでビックリしたわ」

「えっ?そんな似てんの…?…あぁー…ま、まぁ言われてみれば鼻?のカタチとか、目元とか…似てるっちゃ似てるけど」

「いやそっくりだわ。じいさんが生きてたらたぶんテレビにキッスしてたわ」

「まさかよ。昔の写真とか持ってないの?」

「あるよ。結婚したときに撮った写真が」

 

そう言って、ばあさんがおもむろにタンスから一枚の写真を取り出した。

その写真に映っているキレイな格好をした若いころのばあさんは、本当にあいみょんそっくりで、どんな似方だよドッペルゲンガーかよってくらいの写し鏡だった。てゆうか、普通にウチの母親よりもガッツリ似てて、なんか、いろいろ疑った。

 

「え……?は…?大丈夫これ?え…?ばあちゃん…まさかだけど、知らない男と作った子供とか…いないよな?」

「なにバカ言ってんだい、わちはじいさん一筋だよ。……まぁ若いころは色んな男に『豆腐のように美しい』なんて言われたもんだけど♡」

「なんだその例えは。褒められてんのそれ?とうふて。「絹」とか「雪」とか言うんじゃないのふつう?」

「豆腐のように誰からも好かれて品のある女だってことさ。あんたも女の子褒めるときは豆腐のようだねキミはって言ってあげるんだよ」

「はぁーー。わかりづらっ」

「それにしても、この娘は良い歌歌うねぇ。最近の娘にしちゃ珍しいわ。歌の上手いところなんかも、わちそっくりで」

「まぁ、今はあいみょんっていうか、ぬらりひょんみたいだけど」

「はは、うまいこと言うねアンタ。もっと肉食べ」

 

ばあちゃん、とりあえずアレ(ビール)下さい。

 


あいみょん - 今夜このまま【OFFICIAL MUSIC VIDEO】