kansou

ミクスチャーブログ

広告

UNISON SQUARE GARDENの『世界はファンシー』しか聴けないカラダになった

www.youtube.com

 

数ヶ月からラジオでよく流れていたUNISON SQUARE GARDEN(ユニゾンスクエアガーデン)というバンドの『世界はファンシー』

この曲がすこぶるヤバく、初めて聴いた瞬間から耳にまとわりついて離れなくなり、完全に中毒になりました。1時間に1回は聴かないと手は震え息は荒くなり全身から脂汗が吹き出し目に映るもの全てが歪んで見えました。はじめてレッドブルウォッカ飲んだ時と同じ感覚。イヤホンから音じゃなくて強めのアルコール流れてました。それからしばらく『世界はファンシー』しか聴けないカラダになりました。

 

この『世界はファンシー』、シンプルに言うと

 

気が狂いそうなほど複雑なメロディに乗せて超絶意味不明で常軌を逸した歌詞を、好きなものについて語るオタクの3倍の早口でまくしたてる

 

という曲なんですが、まず始まって数秒でボーカルが、

 

アイ ライク ディス パンティストッキング

 

みたいなことを言い出し、性癖を高らかに宣言します。いまだかつてイントロで自分の性癖を暴露するバンドがいたでしょうか。いや否。なんとイカレたバンドなのでしょうかUNISON SQUARE GARDEN。

いきなり釘バットで頭ぶん殴られたのも束の間、次々と「アイ ライク ディス パンティストッキング」を超える衝撃が私を襲い脳みそが溶け散らかしました。秒ごとに変態が天元突破してました。全編性癖でした。音に性癖を乗せてました。

 

まず、音数1に対しての歌詞の比率が最高にサイコ。音1: 歌詞10。「好きなものについて語るオタクの3倍の早口」と書きましたが、おそらくボーカルの主食は「マシンガン」です。じゃなければ説明つかないほどの舌技。歌えてナンボ、みんなでカラオケで盛り上がれてナンボの今の時代に戦争しかけてます。「歌えるもんなら歌ってみろや素人が」と胸ぐらつかまれた。

スーパーの詰め放題で明らかにビニール袋からハミ出してるのにセーフ主張し続けるノリで音楽作ってるの?みたいな、完全にリミッターが外れた歌詞量。人間の聴力で摂取できる音数ってある程度決まってると思うんですけど、多分『世界はファンシー』10年聴き続けたらイルカ並に耳良くなるか、俺の世界から全ての音が消えるかの二択。もはや耳の修行。

『世界はファンシー』だけじゃなく、他のどの曲を聴いてもボーカルの早口をはじめ、演奏、メロディライン、アレンジ、すべてにおいて「赤玉が出るまでなにもかも曲に込めてやる感」が凄まじく、飽きさせない工夫へのこだわりが鬼。どの曲も基本的に隙間ゼロ。休憩いっさいなし。音楽性が昔の教育。そもそも“UNISON SQUARE GARDEN”の名前からして詰め込みが、すぎる…

 

…と、マジメなことを思った次の瞬間ギターソロ前で腹筋が崩壊しました。前述したとおり『世界はファンシー』はその異常早口のせいで聴き取れる歌詞がほとんどなく、一聴ではまず「アッアッアッアッアー!アアアアッー!」「ハッピー」くらいしかわからないんですが、唯一100聴き取れる部分、それが

 

 

「マイファンタスティックギター」

 

 

…こ…怖…ギターソロの直前に急に「マイファンタスティックギター」と叫び出すギターボーカル。しかも音源で…一発勝負のライブでテンション上がって言っちゃったテヘ♡っていうんならまだしも、一度公開すれば未来永劫残り続ける音源のギターソロ前で、

 

 

「マイファンタスティックギター」

 

 

本当に震え上がります。想像してみてください、Twitterで140字の文字制限があるなかで最初に「今から最高におもろい大爆笑ツイート始まりまっせ~~~!」と書いてからネタツイートする自分を。

まさに地獄のゲロ、本人だけじゃなく一族全員の人生が終わります。…にも関わらず、「マイファンタスティックギター」の号令と共に始まるギターソロ、

 

ユアファンタスティックギターソロ…

 

「今から最高におもろい大爆笑ツイート始まりまっせ~~~!」からの10万リツイート30万いいねの鬼バズ。そもそも、歌が上手い、演奏が上手い、基本能力値の高さがカンストしてる。どういうことですか本当に……?

 

 

そして『世界はファンシー』の最も恐ろしい部分、それはこれだけ詰め込んでるのにも関わらずいっさいキャッチーさが失われていないということ。スピードだけのわけわからん曲やりたがるバンドにありがちな「とっつきにくさ」が1ミリたりともない、「わかりやすい複雑さ」矛盾しているこの言葉が成立してしまう

複雑すぎる音楽というのは度を超えてしまえばそれは気持ち悪さにもなる。しかし『世界はファンシー』は気持ち悪さと気持ち良さのそのちょうど境目、絶頂と賢者タイムの間を常に攻めてくる…複雑と気持ち良いが綺麗にイコールになる

絶えず訪れるオーガズミック…聴いてると、変な扉開きそうになる、頭がおかしくなる…良い意味で教育に悪い……学生の時に出会ってたら確実に志望校落ちてました。初代内閣総理大臣の問題に「田淵智也」って書いてた。

 

…ファンシーでファン死ー、それがUNISON SQUARE GARDENなのかもしれませんね…

 

※訂正とお詫び:確認したところ「アイ ライク ディス パンティストッキング」正しくは「ファイブ シックス ザ ワールド イズ ファンシー」でした。すいませんでした