kansou

ミクスチャーブログ

広告

SixTONES『Coffee & Cream』が究極の恋愛中毒ソングでヒロインに転生した

最近は少しずつSixTONESも摂取しようとしてるんですが、1stアルバム『1ST』収録曲の『Coffee & Cream』がストライクどころか一球でゲームセット、人生終了した。

とりあえず全身に耳増やす手術を受ける決意。両耳だけでこの曲を味わうのはあまりにももったいない。身体のあらゆる部位を使って浴びたい。まずは半紙に墨汁で「珈琲と凝乳」って書いて部屋中のありとあらゆる場所に貼り付けた。なんの効果あるかわかりませんが…

 

始めて聴いたとき気が狂うかと思った。完全に聴いてる人間の耳と脳を溶かすことのみに全振りした聴く硫酸。系統としてはいわゆる「チル」とか言われるタイプのヒップホップで、ゲロ出るほど甘い歌詞とバッキバキに加工された歌声のギャップ、癒しと毒が交互に繰り返されひたすらにリスナーの聴覚を性感刺激してくる逆拷問ソング。

アルバムの中でもこの曲だけ他より再生回数2ケタ多い。おかげで他の曲がほとんど聴けてないという最悪の状況に陥ってる、マジで助けてほしい。

 

Aメロは「at 10:30am」「on my bed 」「morning kiss baby」「call my name」「birds singing」「No one else’s voice」…「テン」「エーエム」「ベッド」「モーニング」「キス」「ベイベー」「コール」「ネーム」「バーズ」「シンギング」「エルス」「ボイス」(e)と(u)、Bメロは「all go」「clothes off」「so slow」「チルしよう」「all day long」…「オール」「ゴー」「クロウズ」「オフ」「ソウス」「ロウ」「チル」「しよう」「オール」「ロング」…o)と(u)で踏まれた韻が気持ち良すぎて泡吹く。メロ部分のライミングで疾走感をつけているがゆえ、どれだけスローテンポでも永遠に飽きがこない無限曲。ゴマ油と鶏ガラスープの素ぶっかけてレンジでチンして食べたい。曲を「食べたい」と思ったのは初めてです。

歌詞もアレンジの質感も含めて「最新の洋楽っぽい」って評価をするのは簡単なんだが、コイツはそこだけにとどまらねぇ。『Coffee & Cream』はジャニーズがアイドルとしてこういう曲をやるからこそ硫酸ソングになり得てる。それを証明してるのが数少ない日本語で歌われた1分25秒、

 

「優しくかき混ぜて…」

 

は…?耳ぶっ壊れたが…。「イヤーデストロイヤー」か…?老若男女人間獣魚虫微生物問わず、聴いてる全生命体が強制的に恋に堕ちる。「落ちる」じゃなく「堕ちる」。「こんなはずじゃないのに…止められない…」という意味の「堕ちる」。自我が消滅する。ラブソングとしての圧倒的な強度。

「優しくかき混ぜて…」「チルしよう…」を歌って成立する人間がこの世にどれだけいるか?多分1%もいねぇ。仮にそのへん歩いてるような男が「チルしよう…」と歌えば確定で「なにがチルじゃボケェ」と拳銃で撃たれた後に市中引き回しのうえ島流し、誰もいない牢獄に四肢はりつけにされて永久に幽閉されるじゃないですか。

しかしSixTONESは違った、どれだけ顔赤くなるような歌詞もまるで息をするかのように「自分の言葉」として歌う。ビジュアルも、スキルも、この歌詞を歌いこなせるだけの説得力がある。アホみたいな言葉で言えば単純に全員「超カッコよくて声がバチボコに良い」。普通あれだけ加工されたらどうしても機械感、ボーカロイド感が出て「耳障りはいいが全然歌詞入ってこねえ」とかなりそうなもんなのに、全員の声が加工に一切負けてねえ。むしろ個性が失われるどころか倍増してる感すらある。なにもかも包み込んでくれる優しさと、少し目を離したスキにどこか遠くに言ってしまいそうな危うさ、その両方が同時に襲ってきて全身がドロドロになった。

 

それとSixTONESが出てるラジオや番組に触れ始めて思ったのが、SixTONESの「バトル漫画感」。メンバー同士に対する揺るがない絶対的信頼と各々がそれに応えようとする姿勢、シリアスとユーモアのギャップ、俺がなりたくてもなれなかった姿がそこにあった。こんなもん好きにならないワケがねえ…「全人類リトルストーン化計画」進行中か?

だから『Coffee & Cream』は紛れもなくラブソングなんだが、恋愛漫画の恋愛というよりは前述したように「バトル漫画の日常回」の匂いがする。『鬼滅の刃』の炭治郎とカナヲとか、『幽遊白書』の幽助と螢子とか、『るろうに剣心』の剣心と薫とか、『犬夜叉』の犬夜叉とかごめとか、『鋼の錬金術師』のエドとウィンリィとか、エグい敵と戦って死にそうになりながらもなんとか勝利した後に訪れる数話の日常回、束の間の休息、主人公とヒロインがいきなりイチャイチャし始める最高ゥ!最高ゥ!最高ゥ!のゲロ甘シーンをいつでも味わうことができる。結果、完全に恋愛中毒、ラブジャンキー、症状としてヒロインに転生。

例えば『ST』聴いた後に『Coffee & Cream』摂取すると俺自身が、カナヲであり、螢子であり、薫であり、かごめであり、ウィンリィになってる。お、俺は本当は主人公になりたかったのに…でも不思議とイヤな気分じゃない…もうどうなってもいい。

 

出版社…早くジャンプかガンガンかサンデーでSixTONES連載してください…金なら出すall day long.